Next Stage

2020/11/07 (Sat)

京都府■磔磔

open: 15:00 / start: 16:00

adv: 3,800 yen / door: 4,300 yen

【振替公演】騒〜Gaya〜祭2020

開催見送りとなっていた「騒〜Gaya〜祭2020 」の振替公演が2日間となり決定しました!

11/7(土)
at京都磔磔
☆共演: THE NEATBEATS、ザ50回転ズ
☆開場15:00 開演16:00
☆前売¥3,800 当日¥4,300
☆チケット発売日10/3〜 ※別途ドリンク代が必要です。

11/8(日)
at KYOTO METRO
詳細後日発表!


⚫5月3日ー5日「騒祭2020」のチケットをお持ちの方へ

①11月7日ご来場ご希望の方
各日&通し前売チケットで入場可です。なんと差額300円はサービス。通し券の方には入場時に差額5500円返還します。

②払い戻しご希望の方
払い戻し期限:5/25〜7/31

■チケットぴあにてご購入のお客様 
払戻し受付期間中に http://t.pia.jp/guide/refund.jsp にてお手続きをお願いいたします。

■イープラスにてご購入のお客様 
払戻し受付期間中に http://eplus.jp/page/eplus/refund2/index.html にてお手続きをお願いいたします。

■磔磔店頭にてご購入のお客様 
7月31日までに磔磔店頭にチケットをお持ちください。公演中止の関係で休みが増えておりますのでご注意ください。

◼騒音寺物販にてご購入のお客様 
11月7日までのロックアゴーゴー企画主催イベント会場物販で払い戻します。

上記期限を過ぎますと払い戻し不可となりますのでご注意ください。

Movie


Profile

騒音寺

左→右

こーへい /B
8.14 京都市 生

フジエワタル /Dr
12.24 京都市  生

NABE /Vo
7.10 名古屋市 生

TAMU /G
4.27 京都市 生


1994年
シュールズでリードギターを弾いていたNABEが中心となり結成
当初、レパートリーはあるもののヴォーカリストが不在でスタジオで仕方なくNABEが仮歌を歌っていた。それが続き現在の形態に。
1997年
メンバーチェンジに伴い、サボリ癖が出て活動休止,約1年後活動再開
1999年
五曲入りカセット『天地無用』発売。
2000年
TAMU加入により5人編成に。
初のCD『SO GOOD』発売
2001年
5月5日 初のワンマンライブを京都拾得にてフリーコンサートで行う。この拾得ライブが、これから後々続く【騒祭】への布石となる。
2002年
2nd『Big Ship Comin'』発売
4月 オムニバス『ロケン・ロー 京都魔界案内』に参加
5月5日 京大西部講堂前で青空フリーコンサートを行う
初のPV『Big Shit Comin'』発売
2003年
5月5日 3rd『狐か貍か』発売
2004年
ドラム、CHAT=KHANG脱退。サウザー加入。
4th『まにぐるま 』発売
2005年
ベース、ちゃい脱退。こーへい加入。
5th『不良少年の口笛』発売
2007年
6th『騒-Gaya-』を発売。
廃盤となってしまった1st『SO GOOD』を主軸にしたアルバム『古寺』を発売。
2008年
FUJI ROCK FESTIVAL'08に出演
初のベスト『THE BEST OF SO-ON☆G』を発表。
ツアー最終日を渋谷CLUB QUATTROにてワンマンライブで飾り、平日にもかかわらず大盛況。見事にベスト盤発売レコ発ツアーの幕を閉じる。
2009年
7th『赤のビート』を発売。
赤のビートを引っさげて全国で20本以上のライブをこなし、初海外遠征を無事敢行。2年続けてツアー最終日を渋谷CLUB QUATTROで行う。
2011年
8th『ダイナマイト・ソウル』を発売。
レコ初ツアーファイナルは新宿LOFTで初めてワンマンを行う。
2012年
ドラム、サウザー脱退、もとのすけ加入。
岡が脱退し、4人編成に。
2013年
4人編成になってから初めてのレコーディングアルバム
ベスト盤『OOH YEAH! 13HITS!!』を発表。
2014年
騒音寺を結成して20周年となる。
3月を皮切りに騒音寺結成20周年ツアーがスタート。
初めてデモCDを作成。
2015年
ドラム,もとのすけが脱退。
ドラムに絢太が加入
2017年
1月3日、お正月早々の渋谷CLUB QUATTROでワンマンライブ「初詣は?騒音寺!」を開催、大盛況に終える。
2018年
9th 『百歌騒乱』を発売。
ドラム,絢太が脱退。
2020年
7月 サポートドラマーとして長らく騒音寺を支えてくれていたフジエワタルが正式加入

Member



ページの先頭へ